家の解体工事って、どんなことするの?

家の解体工事って、どんなことするの?

家の解体工事と聞いても、いまいちピンとこない人が多いのではないでしょうか?多くは、「家を取り壊すことでしょう?」とイメージすると思います。確かに、解体工事と言うのは、家を取り壊すことです。しかし、ただ取り壊すわけではなく、取り壊す為の手続きやアフターケア(取り壊し後の作業)なども大切になってきます。

まず、家の解体工事には、“許可”というものが必要になります。当然ですが、誰でもできることではありません。また、解体工事の許可は金額によって異なり、500万円以上の場合は決まった許可も必要になります。その許可とは、「土木工事業」「建築工事業」「とび・土木工事業」の3つ。もちろん、内1つでも持って入れば解体工事が可能になります。

逆に500万円以下の場合はどうなるのでしょうか?未満の場合は、必ずしも建設業の許可を得なければいけないというわけではなく、「解体工事業者の登録」さえ行っていれば、500万円以下の解体工事を行うことが可能になります。しかしこの登録は500万円以上でも必要です。とはいっても、登録をしたからと言って500万円以上の解体工事ができるというわけではないので、しっかり頭に入れておきましょう。ちなみに、家の解体工事には解体工事の前に申請も必要になります。

家の解体工事って、どんなことするの?

土地を更地に戻します

土地を更地に戻します。

解体を依頼するとき、気にすべきこと

解体を依頼するとき、気にすべきこと。

家の解体工事って、どんなことするの?

家の解体工事って、どんなことするの?土地を更地に戻します解体を依頼するとき、気にすべきことサイトマップ